The Newest Post

賣命小子


賣命小子
The Magnificent Ruffians
監督:張徹 1979年 香港

ストーリーがしっかり練られてて、五毒メンバーの個性を生かした見応えある作品。
特に江生の魅力が十二分に発揮されている。

※内容に触れていますので未見の方はご注意ください。








---------------------------------------
鹿峰...金持ちの息子で金の長刀使い。
自分と対等に戦える相手がおらず暇を持て余している。
羅莽家の土地と羅莽の妹を狙っている。
勝負服は黄色。

江生...カンフーの達人だが、カンフーの時代が過ぎ貧乏で毎日食べる物にも困る生活をしている。孫建、王力が仲間。
家宝の剣をいつも持っている。

孫建...iron feetだが、毎日食べる物にも困る生活をしている

王力...斧使いの名家出身だが、毎日...同上

郭追...棒使い。だが...同上
「棒に触れると死ぬぞ!」
アイシャドウ濃いめ
体も褐色肌

羅莽...土地と家を所有しているが、鹿峰に土地を狙われている。本人は断固として売らないと言っている。
母と妹からはカンフー(喧嘩)を禁じられている。
武器は今までに使ったことがない。武器を使わなくてもカンフーに自信あり。

-------------------

江生、孫建、王力、郭追は鹿峰宅に呼ばれて、豪華な食事、風呂、広い部屋などを与えられ接待されるんやけど、それは羅莽を殺すための計画やった。

江生、孫建、王力、郭追が羅莽のところへ行き、最初は敵対してるんやけど、カンフーの手合わせをすることでだんだん友情が芽生えていく辺り、これから起こることを想像して苦しかった。

郭追との手合わせ中に、郭追の差し替えられていた棒に仕込まれていたダイナマイトが爆発、それが原因で羅莽が死んでしまう。何も知らず、唖然とする郭追。

郭追を責める3人。そこへ鹿峰が羅莽の仇と称して3人を殺しにやってくる。ここで孫建、王力が殺される。

機転を効かした江生は一旦引いて、郭追を探しに行く。郭追は羅莽の家の前にいた。羅莽の母と妹は自殺していた。
なぜこんなことが起きているのか解明するため、江生と郭追は手を組む。鹿峰の部下から棒を差し替えていたことを聞き出し、鹿峰のもとへ行く。

鹿峰 vs 江生+郭追の壮絶な戦いが始まる。


【印象に残ったところ】
・ストーリーがとにかく良い
・引き込まれた
・そして、見終わってからの余韻がすごい
・語彙力喪失
・苦しい...
・念願の風呂シーンで江生の女子巻き見ることができた
・風呂シーンで奥で頭にタオル巻いている郭追何気にかわいくてイラッ
・はしゃぐ王力
・江生が縄で縛られてないと思ったら、貧しくてその服を買えない設定で切ない
・みんなかわいいんやけど、江生特にかわいかった
・鹿峰宅の食事シーンそわそわしすぎ江生
・5人が出会ってカンフーやって一緒にご飯食べて楽しそうでかわいい
・羅莽 vs 江生を見ると江生細いなあ
・郭追のこと誤解して死ぬ羅莽のシーン苦しい
・何も知らず羅莽を殺してしまった郭追の唖然とした顔
・孫建のキレの良い足技&開脚
・楊雄さんが戦う時に勢いよく走って向かうんやけど、階段でちょっと足滑らせてる
・楊雄の武器がシンバル
・相変わらず武器うっせえ(cf.「街市英雄」かぼちゃ武器)
・でも楊雄のそういうとこが良い
・鹿峰 vs 江生+郭追の戦いは見事
・見惚れる
・太鼓はそういう使い方のためやったんや
・五毒のラストの協力プレイ思い出す
・死に際の江生の儚さよ...
・郭追にお姫様抱っこされる江生
・How about you?
・真のヒロインは江生やった
・郭追はやっぱり生き残った

-----------------------------------------
本作は見応えがすごかった。
ストーリーに緩急があって、悲しくなるシーンもあるが、5人の友情の物語でもあり、鹿峰の悪役っぷりも光る大変素晴らしい作品やった。

むちゃくちゃ良かった。
すごい好きな作品になった。
王力含む五毒メンバーの魅力が存分に引き出されてて、改めて張徹のすごさを噛み締めました。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

ザ・セル