Posts

The Newest Post

傾國傾城

Image
傾國傾城
The Empress Dowager
監督:李翰祥 1975年 香港

日清戦争の時代。清は経済状況が悪化していた。
そのため、李鴻章(谷峰)は西太后(盧燕)の60歳の誕生日パーティーを取り止めるよう、皇帝の狄龍に頼んでいた。

宦官の姜大衛は、スパイとして皇帝らの動向を探るように命令されていた。
だが、途中でスパイをしていたことを涙ながらに狄龍に打ち明ける。

西太后は皇帝の狄龍が嫁と仲良くないので、側室を狄龍に選ばせる。
側室に選ばれなかった恬妮は、側室に選ばれた蕭瑤を陥れる。

祝宴の最中、酒に酔った姜大衛が蕭瑤を庇い、李鴻章が結ぶ天津条約で国が亡びることを訴える。

この後、なんやかんやあったが、西太后の力は強大で、実質的な政権を握っていた。
日清戦争の敗戦後も再戦を命令する西太后。
反対派の意見も受け入れられず、何も言えない皇帝に代わって、姜大衛が西太后に意見する。

宦官の立場で政治に関与する発言をした姜大衛は西太后の怒りに触れ、処刑されることとなる。

姜大衛が連れて行かれるところで劇終。

【印象に残ったところ】
・セットや衣装などむっっっちゃくちゃ豪華
・そしてこのセット、他の映画でもよく見る
・清時代の朝廷の生活が垣間見られる
・デビロンやべぇ
・かわいすぎて...
・監督張徹じゃないんだぜ(李翰祥監督)
・デビロンは他の監督が見ても公式かー←
・デビロンのことまだ何にも思ってない時に見たんやけど、衝撃すごかった
・狄龍の笑顔とうるうる顔
・デビの笑顔と泣き顔
・二人が楽しそうに遊んでるところ最高です
・正直話は...
・しかし、デビロンだけでも見る価値アリ!
・前髪ないデビもかわいいんで見てください

————————————————

続編の『瀛台泣血』も見てみたい。

少林寺英雄伝

Image
少林英雄榜
Abbot of Shaolin
監督:何夢華 1979年 香港

少林寺が焼かれ生き残った僧の姜大衛は、少林寺の再興のため、仲間を集めるが、清朝からは白眉道人やチベット僧などが少林寺撲滅のために送り込まれる...

【印象に残ったところ】
・デビさんの坊主、自分は結構好き
・傾國傾城のときもやってて似合ってた
・白眉道人出てきて嬉しかった〜
少林虎鶴拳の時と同じ見た目でかわいい!
・チベット僧エジー待ってました!!!
・エジーの口開けてるところかわいい
・白眉とチベット僧の共演いろいろ濃すぎ
・白眉の股間ブラックホール技なくて、それは残念

——————————————

ストーリーのテンポも良く、あっさりしてて見やすいです。

保鏢

Image
保鏢
Have Sword, Will Travel
監督:張徹 1969年 香港

金20萬両の強奪を目論む盗賊飛虎のボスの谷峰から金を守るために、高い塔の中で戦うことになった狄龍。狄龍の婚約者の李菁は、偶然出会った姜大衛のことを好きになっていた。

狄龍を助けるために塔に入った姜大衛だったが、谷峰に刺され致命傷を負う。谷峰を殺したものの、他の兵士にも弓矢で攻撃され瀕死状態に。塔から命からがら降りてきて李菁に会うが、馬に乗ろうとしたところで命が尽きる。

【印象に残ったところ】
・ティさまかわいい
・デビかわいい
・食事シーンでティさまがデビにライチを2つ突き刺したナイフ(?)みたいなやつを投げる→デビが受け止める→ライチを1個ずつ食べる→種を吐く→ニヤッとするデビ→ティさま、ニコッとして「好!」
・↑この一連の流れ笑った(イラストのシーン)
・張徹がデビさんにやりたいこと?!
・張徹の欲望すごいなと受け取りました←
・ラストの塔での戦いのデビ贔屓(デ贔屓)がすごい
・死なない
・あんだけ血吹き出してから20分は立ってる
・これでもかってやられても倒れない
・色気で歩き続ける
・馬に乗れそうで乗れない
・だいぶ長い
・わかってるけど長い
・さすデビ
・後半ティさまがちょっと影薄め
・少年ぽいティさまも相変わらず美しい
・ストーリーが刺馬的な感じでちょっとヒヤヒヤする
・デビの馬がかわいい

——————————————

ティさまがデビにライチ2個食べさせるシーンが特に印象的でおすすめです。

色慾與純情

Image
色慾與純情
純愛
Young Lovers
監督:林美年 1979年 香港

トンシンが余安安さんと両想いやねんけど、貧乏やから余安安さんの親に反対されてる話。
逃避行して二人で田舎で生活するも、見つかって連れ戻される。
ラストは結構報われへん悲しい結末。

【印象に残ってるところ】
・トンシンちゃん、過去に余安安さんとリアルでも付き合っとったよな...?
・雨が降ったり、ホースで水かけられたり、よく濡れトン
・マダムに気に入られて可愛がられトン
・マダムにお持ち帰りされトン
・最初はマダムからの寵愛を拒んどっトン
・そやけど、帰る家がなくなってしまってマダムの家にお泊まりしトン
・マダムに求められ抱かれトン
・シャワーに呼ばれてキレっトン
・チンピラに刺されトン
・死にそうやのに顔は美少女で美しいトン
・安定の弱っトン
・ジャケットではなんか服脱いでるベッドシーン映ってるけど、これカットされトン?
・自分が見たやつでは服脱いでなかっトン

————————————

ノーカットバージョンくれください。
さすがEGSHT(エブリガールズスイートハートンシン)でした。(2人やけど)
この監督の林美年さん、hkmdb見る限り、色慾與純情の1本しか作品撮ってはらへんねんけど、このトンシンが撮りたいがためにメガホンをとったんかな。
そこすごい気になる。

勾魂降頭

Image
勾魂降頭
Black Magic, Part II
Black Magic 2
監督:何夢華 1976年 香港

降頭の続編かと思いきや、俳優陣はほぼ同じで少し違う話。
前作での降頭師の谷峰さんは出ず、今回は羅烈さんが降頭師をやっている。
黒魔術で女性を操り、男性を好きにさせたりそういう系。
今回はBlack Magic Riceは出てこなかったが、母乳は直飲みになっていた。

狄龍が医者で謎の呪術にかかった人々の治療と犯人探しをする。奥さんが恬妮さん。

【印象に残ったところ】
・やっぱリエさんの母乳直飲み
・医療(科学)で解決できない不可思議なことが起こってる!感
・リエさんが長生きしてて、その秘訣が日々の母乳飲むことらしい(後から調べた)
・母乳健康法
・リエさんがずっと真面目な顔で真剣にやってるところが良い
・シャム猫飼ってる
・本当に黒魔術があるかを確かめるために、恬妮さんに黒魔術をかけて、ティさまの友人を好きにならすっていうのをやってもらって、実際に魔術にかかってるのを見て怒るティさま(かわいい)
・善降頭師が結構あっさりやられちゃう
・目玉とネックレスをティさまに託す
・ネックレスが結構チート
・リエさんに超至近距離で魔術かけられてるティさまを助けるためにリエさんの腕をぶった切る恬妮さん
・強えぇ!
・死体を操れるリエさん
・黒魔術のシーンは面白い
・死体の頭に釘を刺したら若返る

—————————————

谷峰さんがいなくなって、あの独特のダンディーエロがなくなったのは寂しかったけど、リエさんがちょう真剣だった。
誰かが笑ってしまってNGになったNG集くれください。

血証

Image
血証
Payment in Blood
監督:桂治洪 1973年 香港

※字幕なしで見たので、私の解釈です。間違っている部分があるかもしれませんがご了承ください。

闇の組織の犯罪を見てしまった岳華は、口封じのために闇組織から命を狙われることになる。
警察官の江島は岳華の警護につく。闇組織から岳華自身だけでなく、家族も狙われ、妻や娘が誘拐される。

警察が守るも執拗に狙われた妻子は、織物工場の水の入った機械の中に沈められる。
娘は何とか助かったが、妻が亡くなってしまう。
怒りに震える岳華。ここから岳華の逆襲が始まる...

【印象に残ったところ】
・エジーとホァさまの追いかけっこ可愛すぎ
・りんご好きエジーかわいい
・エジーの隙をついて逃げるも、闇組織に見つかり殺されそうになるホァさま
・それを間一髪で助け出すエジーかっこいい!
・エジー、ホァさまにお叱りのパンチ
・しゅんとするホァさま(ここまでの流れが最高)
・ジャケットに描かれている印象的な蛇は、部屋にお届け物として持ち込まれる
・蛇がコブラになったり青大将みたいなんになったりコロコロ変わる(コブラ危険やもんね)
・蛇が逃げてもドアの隙間から追いかけてきたりする
・半狂乱になる妻
・家にいる時も、闇組織に狙われる
・映像や話は終始暗い
・エジーの投げ技炸裂
・後で調べてエジーが柔道やってたことを知る
・後半はホァさまのヴェンジェンス
・プールの中で泳ぎながら戦ったり
・悪ボス(?)らしき人を警察に引き渡し劇終
・子供は無事でした

——————————————

前半のエジホァが最高に良い。
エジーが味方なんが嬉しい。
桂治洪監督ありがとう。

飛龍斬

Image
飛龍斬
The Dragon Missile
監督:何夢華 1976年 香港

※ストーリーの結末に触れていますので、未見の方はご注意ください






——————————————

皇帝谷峰の背中におできができて、大変苦しんでいる。そのおできに効く薬の元となる植物(漢方的な?)を手に入れるため、部下の羅烈は薬の入手を命じられる。

谷峰の命には期限があって4日以内に戻ってこなければならない。
羅烈のお供に武術のエキスパートが数人つけられるが、こちらは薬を後から奪い取れば報酬がもらえると、皇帝の側近から言われており、敵の立ち位置。

薬を煎じる医者のもとに着くが、樊梅生が口を滑らせてしまい交渉決裂。やむなく医者の命を奪って薬を手に入れることに。リエさん樊梅生に後でブチ切れる。

薬を手に入れたものの、すぐに劉永に奪われる。
取り返すために、劉永母を殺してしまう羅烈。劉永宅で薬を見つけて取り返す。

その後は羅烈とそのお供たちの薬の奪い合いの攻防と、医者の娘と劉永が羅烈を仇討ちのために追いかけるという羅烈は周りから狙われまくる状況。

さらに、やっとの思いで谷峰のもとに戻った羅烈だったが、薬は水で濡れてしまい使い物にならなかった。
谷峰の怒りに触れて、朝廷側からも命を狙われる。

最後は劉永と医者の娘に飛龍斬の対策を練られ、奪われた上に、自分が刺されてしまい、劇終

【印象に残ったところ】
・冒頭から飛龍斬の威力すごすぎて笑った
・火花すごい
・リュック型で背負っててかわいい
・しかし、そのフォルムがタガメ
・細いところ通ろうとすると、持ち手のところが引っかかりそう
・谷峰が痛みでアンアン言ってる
・リエさんの白い衣装素敵です
・リエさんおふざけなし
・必死に頑張るもみんなから攻められる役どころでかわいそうになってくる
・ストーリー面白くて魅入った
・さすが空とぶギロチンの何夢華監督

——————————————

わかりやすいストーリーでリエさんもかっこよくて好きな作品でした。

三少爺的剣

Image
三少爺的劍
Death Duel
監督:楚原 1977年 香港


※ストーリーの内容に触れていますので、未見の方はご注意ください






——————————————

剣の達人の凌雲はある日、剣神の三小爺の殺害を依頼される。
ところが、凌雲が三小爺のいる神剣山荘に行くと、三小爺は既に亡くなったと聞かされる。

場面が変わり、娼館の裏で話すことができない樊梅生と生活している‪爾冬陞‬。冴えない青年に見えるが、実の正体は剣神の三小爺。
いつも命を狙われるので、一般人として生活するため、阿吉と名乗って正体を隠していた。

家がない(設定な)ので、谷峰一家に助けられ、そこに住んでいる余安安と惹かれ合い結婚を約束する。
だが、トンシンは毒茶を飲まされたり、岳華に3日以内に死ぬ毒を骨に入れられたりしているので、それを治してもらうために出かける。

その途中に立ち寄った店で、マジックブレードの狄龍や流星胡蝶剣の羅烈と出会い、トンシンは命を助けてもらう。ティさまに意味深な発言をされる。

毒を治せる医者は既に死んでいたが、凌雲がそのレシピを受け継いでいたため、凌雲に治してもらう。この時、お互いの名前を言っていないため、二人は正体に気づかないままだった。

すっかり傷が治ったトンシンはルンルン気分で家に帰って結婚式の準備を進めようとしていたが、何と余安安が殺されていた。殺した相手は凌雲だという。

ブチ切れたトンシンが、ワァーーーーーーーーと雄叫びをあると、普通の生活をしていたトンシンの部下たちがあちこちから駆けつけ、あっというまに軍隊を編成、すごいスピードで凌雲討伐の準備が進められる。

実際のところ、凌雲が余安安を殺したのではなかった。
陳萍が仕組んだことだった。陳萍は弟のセカンドマスターの姜大衛を決闘の場所に箱に入れて連れて来たが、頭がおかしくなっている姜大衛は言うことを聞かず、暴れ回ってトンシンと凌雲以外を皆殺しにして、どこかへ行ってしまう。

残った二人は決闘して凌雲が勝ったかに見えたが、トンシンの剣が一足先に凌雲の胸に刺さっており、凌雲は負けた。トンシンは去って行き劇終。

【印象に残ったところ】
・トンシン美しすぎる
・美トン
・細い
・デカい
・ワァーーーーーーーーで召集かかるのすごい
・出演者陣豪華すぎる
・ホァさま悪ホァになるの早い
・尺の都合ですね
・ティさまとリエさんシーンむっちゃテ…

圓月彎刀

Image
圓月彎刀
Full Moon Scimitar
監督:楚原 1979年 香港

トンシンは王戎の妻の罠に嵌り、父からもらった剣術の本を盗まれてしまう。
その後、父から伝授された技を披露したら、その父の技は父が本を盗んで伝えたもので、トンシンは盗っ人の子供とバカにされる。
バカにされ、自暴自棄になったトンシンは、父の墓の前で自殺を試みるが、雷が落ち、崖から落ちた先で狐の幽霊の青青と出会う。
青青と仲良くなったトンシンは青青に彎刀をもらい二人で訓練し強くなる。

その後、過去の復讐を果たしたトンシンであったが、トンシンは武術界の頂点を目指す上で人間の嫁をもらうため青青を山に返してしまう。
そのarroganceすぎる態度をホァさまにたしなめられ彎刀も取り上げられてしまう。

そんな中、王戎はトンシンに負けて部下となっていたが、虎視眈々と反逆の機会を待っていた...

【印象に残ったところ】
・眠らされて起きた時のキョロトンシンかわいい
・バカにされて自暴自棄な走っトンシンかわいい
・圓月彎刀かっこいい
・ダブル彎刀になって相手の剣を奪えるのかっこいい
・でもトンシンが青青を山に返してしまうところはちょっとひどすぎる
・トンシン、ホァさまに叱られる
・わいも叱られたい
・落ち着き穏やかホァさま
・子供も預かってくれる
・トンシンの衣装かっこいい
・結局、青青のとこに帰ってくるトンシンだが、そうすると人間の妻はどうした?という新たな問題が...

———————————

トンシンがarroganceだったが、ホァさまに叱られて青青と協力して戦うラストはよかった。