The Newest Post

碟仙


碟仙
Haunted Tales
監督:楚原‬・牟敦芾 1980年 香港

ホラー映画で二つの物語で構成されている。
一つ目が楚原‬監督で、二つ目が牟敦芾監督が撮っている。

一つ目のタイトルは『陰靈』
素敵な場所と素敵な家に引っ越してきた、井莉と凌雲夫妻。ところが隣の家の様子が何かおかしい。異変に気づいた井莉の周りで不可解なことが続々と起こる。
顧冠忠さんが無くした目玉を探しに来る。

楚原‬監督の映画を初めて見たのでどんな感じなのかと思って期待していたが、この映画は思っていたよりもそんなに怖くなく、怪談的な話だった。

二つ目の『碟仙』の話のほうが好きだった。
牟敦芾監督は「黒い太陽731」の監督。

主人公は詹森。ある日ふとしたことから、碟仙(コックリさん)の紙と皿を手に入れる。
詹森の日常は冴えない感じだったが、碟仙の狐の霊のお陰で大金を手に入れる。
ただし、狐の霊との約束で侵してはならない約束をいくつかする。大金を手に入れ、気分も大きくなった詹森は約束を破ってしまう。約束を破ってしまった詹森には惨劇が待っていた...

【印象に残ったところ・好きなところ】
・詹森さんの役柄がどうしようもないおっさんで良かった
・ジャケットにもなっているこのイラストのシーン、結構女優の露出激しかった
・それを見る詹森さんの笑顔
・廖麗玲さんを賭けたコインのギャンブル、結果わかっててもハラハラした
・報いの大根おろし
・ちょうど頭で止まる

————————————

短編ですが、大変中身が濃くて楽しかった。
久々にスプラッタ気味な映画見たけど、やっぱり自分はこういうの好きやなと思った。
ホラーやスプラッタ好きな人にオススメです。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

新桃太郎2