Posts

Showing posts from November, 2019

ジョーカー

Image
Joker
監督:トッド・フィリップス 2019年 アメリカ

バットマンシリーズはあんまり好きではないのですが、(好きでなはい理由はこちらの『ダークナイト』の記事に書いております。)今回の『ジョーカー』は、宣伝を見て少し気になっていたのと、ジョーカーになった、1人の“人間”の話と聞いていたので、見に行ってきました。

※ネタバレしていますので、未見の方はご注意ください














内容は、ジョーカーがジョーカーになっていくまでの過程の話。



【印象に残った点】 1. 今さらながら、ジョーカー= Joker(ジョークを言う人)ということに気づいた。 映画を見る前は、ジョーカーを名前としてしか、捉えていなかったので、アーサーがテレビ出演前に自分のことを本名ではなく、「Joker」という名前で紹介して欲しいと言ったところで、改めてその名前の持つ意味を認識した。
当たり前なんやけど、「Joker」=「ジョークを言う人」なんやなあとしみじみ...

2. アーサーと周囲の人とのズレ アーサーが笑うと、周囲の人が「何で笑ってるの?」と言うシーンが何回かありましたが、私はこのシーンが結構印象に残っている。
以下2点考えた。
1) 周囲の人はアーサーの笑う理由がわからないから困惑するのではないか このアーサーが笑える場面でないのに、笑ってしまう状態について、映画内で特には言及はされていないが、過去のトラウマから来る症状なのか、防衛本能としてわざとやっているのか、トゥレット症候群なのかはわからへんけど、このアーサーが笑う現象によって、周りの人は困惑します。
2) 逆にアーサーはみんなが笑う理由がわからないのではないか 自分が笑われる理由もわからないし、人がコメディアンを見て笑うポイントがわからない。
コメディアンがショーをしていて、周りの人は笑っているのに、笑っていないところでアーサーだけ笑っている。わざとやっているのか、笑ってしまう症状なのか、本当に笑っているのかはわからないが、アーサーがノートに、人が笑うポイントを書き記している内容からして、アーサーは、人が何を面白いと思うのかがわからなかったのではないか。

逆にアーサーが面白いと思って、ギャグにしていることが、周りから見ると「笑えない事実」になっていて、その対比が際立っていた。

自分の考えていることと、周りの人の考えていることが噛み合わない、…