裸のジャングル


(※笑ってる変なおっさんの絵に見えますが命がけて逃げているところです。原住民も描きたかったんですが、力尽きました。)(パンツ細すぎたな)


裸のジャングル(THE NAKED PREY)
監督:製作:主演:コーネル・ワイルド 1966年 アメリカ

19世紀のアフリカ。白人のハンターたちは自分たちの利益のためだけにハンティングをしている。象牙のないメスの象まで殺したり、面白半分でたくさんの象を殺したりと、原住民の言うことを聞かない。原住民の怒りを買った白人ハンターたちは原住民に襲われます。今度は自分たちが狩られる番になってしまいました。
土で全身を固められ火あぶりにされたり、かなり残虐な方法で殺されます。唯一生き残ることを許された白人ガイド(コーネル・ワイルド)は逃げてもいい、と原住民から逃がされる。しかし、これは、原住民たちの余興である人間狩りの始まりであった…。

アフリカの大自然の中で繰り広げられる逃走バトル。映像は美しく、灼熱の大地の中命がけの逃走が始まります。原住民に襲撃されてから、ほぼ会話は現地語なので何言ってるかわかりませんが、その動作や表情で何が言いたいのかがわかります。一人逃がされたガイドは、ほぼ裸でジャングルに放り出され、必死で逃げるのですが、あとから追ってきた原住民たちから逃げるだけでなく、反撃をし、武器や靴など少しずつ物を奪いながら逃げます。そこで原住民も殺されたりしているので、お遊びのつもりでやっていた追いかけっこが殺し合いの様相を呈してきます。ここからがハラハラする展開になっていきます。どちらが殺るか殺られるか。

途中、他の原住民に襲撃された村で一人の少女と出会うシーンがあったり、逃げている中にもいろいろなエピソードが盛り込まれていて面白いです。
言葉はほとんど話されなくても、映像だけで見せるすごく面白い作品です。

以下ネタバレです。
=====================






最後、味方の援軍のところまで逃げ延びて、原住民に手を振るガイド。そうしたら、原住民の酋長も手を振り返して、お互い「お疲れ!」みたいな感じで帰っていくんですね。ここ、すごく不思議な感じですが、印象に残るシーンでした。命のやりとりをしていく中で、ガイドと原住民はお互いの力と知恵をぶつけ合い、お互いが尊敬できる相手になっていたのでした。
えっ、と思ったのですが、和むシーンでした。

言葉の壁を越えた名作やと思います。B級やけど名作。大変面白い作品です。

私は、この作品を町山智浩さんのポッドキャストで知りました。
面白いので、興味がある方はこちらも聞いてみてください。


ほなね

Popular Posts