The Newest Post

侠客行


俠客行
Ode to Gallantry
監督:張徹 1982年 香港

金庸原作。
郭追が狗雜種と石中玉の二役をやっている。
狗雜種が食べ物の中から偶然玄鉄令を手に入れたことから、謝煙客(王力)に無理やり連れて行かれ、願いを言うように言われる。(謝煙客は玄鉄令の持ち主の願いを叶える決まりがある)
しかし、狗雜種が願いを言わないので業を煮やした謝煙客は殺す目的で内功の力を与える。

何とか生き延びた狗雜種は、気づいたら石中玉の扱いをされていた。実際の石中玉は行方不明になっており、姿形がそっくりな狗雜種は孫建によって、石中玉と同じアザなどを身体に細工されていた。
狗雜種は石中玉の両親から赤ちゃんの時に弟が西方魔教の女王の梅芳姑(夏萍)にさらわれた話を聞かされる。
その後、狗雜種は石中玉の恋人である丁璫(文雪兒)から1ヶ月剣術を学び上達する。

王力が本物の石中玉を連れてきて、狗雜種は別人ということがわかる。
石中玉は放蕩を重ねる人物のため、王力に預けて修行するのはどうかと狗雜種は提案する。
王力に連れて行かれる石中玉。

ひと段落して、狗雜種の母に会うために山の中の家へ行く一行。だが、家の様子がおかしい。
そこには、狗雜種の育ての母、夏萍と魔教光明三使(朱客・程天賜・江生)たちがいた。

石中玉の父親(唐菁)が捕まってしまう。実は夏萍は石中玉の父を愛していた。石中玉の母を連れて来いと言う夏萍。その後で石中玉の父を拷問して、石中玉の母も殺し、その他の人々も殺すと言う。
そうはさせないと狗雜種が戦い始める。
一緒にいた孫建も混ざり、江生たちと戦う。

夏萍だけ生き残るが夏萍のことは殺さず、その場を離れる狗雜種たち。名残惜しそうに育ての母の夏萍のほうへ振返る狗雜種〜劇終

【印象に残ったところ】
・調べたら狗雜種の年齢が12歳、13歳と書いてあるのを見つけたんやけど、クォさんすげえ
・それをやらせる張徹すげえ
・狗雜種も石中玉もどっちも良い
・狗雜種のたどたどしい戦い方で強いところがいい
・青龍・朱雀・白虎使者の3人(朱客さん・程天賜・江生)かわいい
・ただ、最後しか出てこおへんので寂しい
・夏萍が殺したと言ってた子供(狗雜種)は、実は殺してなくて、自分が育ててたという解釈をしている

———————————

張徹の怖さを改めて実感した。
この張徹の性癖が刺さるようになってくるから、自分のことも恐ろしいけど、楽しいです。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

ザ・セル