The Newest Post

バカ拳


龍發威
Exciting Dragon
監督:趙中興 1985年 香港

映画が作られた場所、HKMDBが香港だったので香港と書いたけど、メンバー的にすごい台湾ぽい気がするんやけど、どっちなんやろ?wikiには台湾と書いてあったし、新亞電影企業有限公司というのもどうも台湾の会社っぽい。

最近名前を知ったんやが、ぷっつんホラー第8弾らしい。
ラインナップ見るとどれも好きそうなやつやったので、機会があれば見ていきたい。
(キョンシーズも入ってたんが驚いた)

とんでもないB級映画(褒めています)が好きなので、見た本作。あと、江生(本作では趙岡生名義)と、新桃太郎系の俳優さんたち(楊雄、沈徵維、閻璋、林光榮など)がたくさん出ているので、これは見ないと、となった。

※ストーリーの内容に触れていますので、未見の方はご注意ください。








--------------------------------------

まさかの江生がおばあちゃん役!
むちゃくちゃ良かったです。

江生は細いし、かわいいし、かっこいいし、中性的やし、おばあちゃんも綺麗だった。

途中で催眠術にかけられて、ストリップしてしまう下りがあるんやけど、目をつぶった江生がえろい。

主人公の犬(孫國明)が、叔父の元へ修行へ行く。
途中、江な婆のセブンスターアーマーが狙われたことにより江な婆は殺されてしまう。

犬は梁家仁師匠と共に、師匠の発明器具を駆使したトレーニングをし、リベンジに挑むのであった。

【良かったところ】
・江生おばあちゃん
・おばあちゃんなのにアクションすごい
・法術も使える
・セクシー
・楊雄が蝋燭を頭に乗っけている
・蝋燭から火炎放射
・実際胸筋に蝋垂れてきて熱くなかったんやろか
・1人SM衣装
・楊雄さん、沈徵維さんは新桃太郎2の岩男と医者役でも同じ敵幹部だったので、今回も一緒に出てきてて嬉しかった
・2人の合体の車、吹いた
・さすがやな
・車にする意味
・梁家仁師匠お手製の発明具すごい
・このギミック多用、趙中興作品の特長やんな
・ただ、江生が殺されてから見る気半減した
・楊雄と沈徵維はロケット花火1発で死ぬ
・今までの戦闘は何やったんや
・ラスボスの高飛の死に方も意味わからんかった
・もう死んだよ〜ヤッター(画面が固まる)〜劇終、見てて安心する

------------------------------

主に前半の江生中心に見てましたが、バカらしさ全開で(褒めています)楽しい作品でした。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

ザ・セル