The Newest Post

大殺四方


大殺四方
The Rebel Intruders
監督:張徹 1980年 香港

※ストーリーの内容に触れていますので、未見の方はご注意ください。







——————————

ある町にたくさんの難民が避難してきていた。
町の混乱や犯罪を防ぐために鹿峰は、町の東西南北を自衛団で守ることを提案し、孫建、王力、楊雄をリーダーとする組織と、鹿峰の指揮する槍部隊がそれぞれを守ることになる。

一方、難民として避難してきていた郭追、江生、羅莽はそれぞれ別の主の元で助けられる。
郭追は娼館の女主人の元で働くこととなる。
江生は孫建にその身軽な動きを買われ、拾われる。
羅莽は楊雄の道場で腕を認められ、先生として雇われる。

郭追、江生、羅莽は、町の賭博場で偶然出会い意気投合し、義兄弟の契りを交わす。

そんな中、軍の長官暗殺を計画し、実行した鹿峰。
暗殺の日に偶然居合わせ、その濡れ衣を着せられそうになった郭追、江生、羅莽。
ここから3人の脱走劇が始まる。3人は無事に町を出ることができるのか...

【印象に残ったところ】
・郭追、江生、羅莽の3人が仲良くて見ていて和む
・孫建がむちゃくちゃ良い人そうに見せてワルすん
・ワルすんの笑顔怖い
・楊雄さんが味方で良い人
・濡れ羅莽
・肉まん盗んでる江生かわいい
・娼館の入り口にいる郭追をからかう江生と羅莽と全員かわいい
・郭追を助けてくれた娼館の女主人が殺された時、一瞬振り返るが今は放っておく郭追と江生
・上着から胸元ちらちら王力
・ラストバトルでやっと脱ぐ王力→方乳衣装良い
・拘束羅莽
・戦闘時の鹿峰の衣装が白でブーツも白で新鮮な印象
・白ブーツも厚底
・江生の死に際のカメラの煽り角度がもうちょっといい角度で撮ってあげてほしかった
・船焼き払いエンド〜劇終

——————————

郭追、江生、羅莽の3人が仲間で仲良かったんが嬉しかった。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

ザ・セル