女は女である



女は女である(UNE FEMME EST UNE FEMME)
監督:ジャン=リュック・ゴダール 1961年 フランス/イタリア


あらすじ
エミール(ジャン=クロード・ブリアリ)とアンジェラ(アンナ・カリーナ)はいっしょに暮らしている。二人は付き合っているものの、エミールのほうは結婚や子どもについてはまだ乗り気ではない様子。そんな折、ある日アンジェラが突然、赤ちゃんが欲しいと言い出す。もちろん、エミールは乗り気ではない。その様子を見たアンジェラは、アパートの下の階に住むアルフレード(ジャン=ポール・ベルモンド)に頼むと言い出す……。


とにかく、エミール、アンジェラ、アルフレードの三角関係がかわいらしい。
三人ともかわいい。アンナかわいい。赤いカーディガンかわいい。

本の表紙を見せ合って、会話をしたり、ベルモンドとアンナがポーズを取ったり、面白いシーンもいくつかある。ゴダールの映画は難しいイメージがあるが、この映画は終始明るい雰囲気で、元気が出る映画。ストーリーもわかりやすいので、ゴダールを初めて見てみたい方、難しいと感じた方にもお勧めです。

PQのお勧め(お気に入り)ゴダール作品
・女は女である
・女と男のいる舗道
・アルファヴィル
・気狂いピエロ
・勝手にしやがれ
・メイド・イン・USA(完全にアンナがかわいいしか記憶なし。ストーリーはわからない)

まだそんなにゴダール作品を見ていないので、これから少しずつでも見ていきたいところやけど、好きなやつと寝てしまうやつの差がありすぎるからゴダールはむつかしい。

Popular Posts