ドラゴン・タトゥーの女



ドラゴン・タトゥーの女(THE GIRL WITH THE DRAGON TATTOO
監督:デイヴィッド・フィンチャー 2011年 アメリカ


あらすじ
ハリエットはどこへ消えたか?

40年前に失踪した16歳の少女を探すことを依頼されたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。ミカエルは、ドラゴンのタトゥーを背中に入れたフリーの調査員リスベット(ルーニー・マーラ)を雇い、調査に乗り出す、という話。

レッド・ツェペリンの移民の歌をカレン・Oがボーカルを務めカバーしているオープニングが印象的である。これだけでPVみたいで圧倒される。
スウェーデンを舞台に撮られているので、すごく寒そうに見える。内容はごりごりのミステリーで、どうなんの?どうなんの?とぐいぐい引き込まれる内容となっている。

私は、もちろんこのストーリーも好きだったが、何と言ってもルーニー・マーラ演じるリスベット・サランデル(=ドラゴン・タトゥーの女)が大好きになってしまった。端から見れば変人のように見えるリスベットだが、その雰囲気・人柄はすごく魅力的で、もっともっと見たいと気分にさせてくれる。
セックスシーンでのモザイクが残念で仕方がない。

ストーリーももちろんよかったが、リスベットの魅力に全てを持っていかれました。
ミカエルというヤリチンのおっさんと傷だらけの魅力に溢れたリスベットの淡い恋のお話と捉えてもいいんでないかとも思う。


フィンチャー監督の今までの作品はこちら。



  • エイリアン3 Alien3 1992年)
  • セブン Seven 1995年)
  • ゲーム The Game 1997年)
  • ファイト・クラブ Fight Club 1999年)
  • パニック・ルーム Panic Room 2002年)
  • ゾディアック Zodiac 2007年)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生 The Curious Case of Benjamin Button 2008年)
  • ソーシャル・ネットワーク The Social Network 2010年)
  • ドラゴン・タトゥーの女 The Girl with the Dragon Tattoo 2011年)
  • ゴーン・ガール Gone Girl 2014年)

Popular Posts