修羅雪姫


修羅雪姫
監督:藤田敏八 1973年 日本
原作:小池一夫、作画:上村一夫による漫画

あらすじ
家族を殺され、その復讐の相手を一人殺したところで捕まった鹿島小夜。小夜は獄中で生まれた子に雪と名付けるが、死亡する。雪(梶芽衣子)は、母の復讐を果たすため、剣豪でもあった道海和尚のもとで厳しい修行を積み、復讐の旅に出る。


梶芽衣子さんのこと大好きなので、見た。
女囚さそりのときも美しかったが、着物姿も本当に美しい。
復讐のために生まれ、復讐のために生きる、復讐のヒロインを演じさせたら芽衣子さんの右に出るものは古今東西いないでしょう。

主題歌も頭に残る感じで好きです。
恨みに生きる切なさと悲しさ。しかし、そこには強さがあり、前に進むしかない運命を背負ったかっこよさ。アクションもかっこいいし、もう痺れまくりです。タランティーノ監督の『キル・ビル』は本作へのオマージュだそうで、この作品を見れば、梶芽衣子ファンになる気持ちは痛いほどわかる。


続編の『修羅雪姫 怨み恋歌』も面白いです。梶芽衣子さんと原田芳雄さんのタッグ。最強です。

調べて今知ったんですが、藤田敏八監督って『ツィゴイネルワイゼン』の青地役の人やったんか!今いろいろ繋がってきた。すごい。









Popular Posts