ビデオドローム



ビデオドローム(VIDEODROME)
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 1982年 カナダ

小さなケーブルテレビ局に勤めるマックスのもとにある1本のビデオテープが送られてくる。そこには拷問される女性が映し出されていた。この拷問映像は、“ビデオドローム”という名前のチャンネルで流されているものだった。そこに映し出されている映像を見続けると、脳に腫瘍ができ幻覚症状も起き、やがては人間の体まで変えてしまうという。マックスはこの映像を手に入れようとするが、誰がどこで作っているのかも謎。
マックスとマックスの恋人のニッキーはこのビデオドロームにどんどん魅了されていくのだった…。

すごく印象に残っていて好きな作品。私は名作だと思うんですが、好き嫌いは分かれると思います。腹にビデオテープ差し込んだり、腹の割れ目に拳銃ごと腕差し込んだりするところで、えろいな~と思って見てました。
あのビデオドロームの映像だけもっと見たい!と思ってしまうのですが、(別に拷問趣味とかは全くないんですが好奇心から)あれだけ特典映像にしてつけてほしいなとか見終わって思っていました。

グロはすごくリアルで私の好きなCGじゃないグロ。あとなんか後半にかけてわけわからんようになってくるんやけど、もうそんなんどうでもよくなってくるほどに視覚に訴えかけてくる刺激。これだけでこの映画を最後まで見ることができます。

視覚からの刺激で幻覚を見たり、何が現実かわからなくなったり、メディアが発達した現代に我々が陥りやすい危険を表していたり、見ているこちらも何が何やらわからなくなる場所まで引っ張っていくドラッグ・ムービー。

私はこの映画大好きです。頻繁に見たいとは思わへんけど、この変態さ加減がたまらんなあと思います。好きです。

目で楽しむ映画。どの映画もそうやん、と思うかもしれませんが、ほんまです。目で楽しむ映画。まだ見てない方はこの刺激を是非味わっていただきたいです…!(注:グロ大丈夫な方)

ほなまた明日

Popular Posts