雨月物語




雨月物語
監督:溝口健二 1953年 日本

幽霊が美しい映画ってあまり見た記憶がないのだけれど、この『雨月物語』の幽霊は本当に美しい。京マチ子さんが演じておられるのですが、その美しさゆえに余計に浮世離れして見えるのでしょう。

主人公の源十郎は妻と子を置いて町へ出る。自分の作った焼き物を売って一儲けしようとしていたのである。源十郎は町で若狭という女性と出会い、屋敷へ呼ばれるようになる。そして、源十郎は若狭に求婚され、どんどん魂を吸い取られていく…。

この若狭という女性が幽霊でっていう昔話のような話なのだけれど、この若狭を演じる京マチ子さんの美しさはこの映画ですごく引き立っていて、見る者を惹きつけます。この作品は人間の愚かさや、未練を持った者の情念であったりそういうことが描かれているんだけど、このようなことは今の時代でも普遍のことで、だからこの映画を見ていても、共感することができるんじゃないかと思った。

源十郎は本当に愚かなやつなんやけど、人間てそういうもんやんなとこういう映画を見ると思います。失ってから気づく大切なもの…。書いてて何だかフェリーニの『道』のザンパノを思い出してしまった。

京マチ子さんの幽霊を見るだけでも一見の価値あり。美しい幽霊です。

ほんならまたね

Popular Posts