反逆のメロディー



反逆のメロディー(MELODY OF REBELLION)
監督:澤田幸弘 1970年 日本

原田芳雄のかっこよさ炸裂。
話の内容としては、ヤクザの抗争劇。
ヤクザでもテツ(原田芳雄)はジージャンにジーパン、ジープで走る。ヤクザの中でも群れないアウトローっぷりを発揮しています。そんなテツと手を組むことになった滝川(藤竜也)や、最初は敵対していたが後に手を組むことになる星野(地井武男)、それから星野の妻アキ(梶芽衣子)と、私が好きな野良猫ロックメンバーが出ており、テンションはすごく上がりました。

他にも、テツの手下となるゲバ作(佐藤蛾次郎)もかっこよかったし、立花組の姐さんのお竜(冨士眞奈美)も美しくて、見所がたくさんありました。

最後のテツと滝川が工場の完成パーティーに二人だけで乗り込んでいくシーンのかっこよさといったら…!
体制に反抗するアウトローっぷりを最後まで貫き通すテツ、そして、原田芳雄のかっこよさの原点を見た気がします。
大変力強くて、パワーのある作品でした。野良猫ロックシリーズが好きな人は好きだと思います。野良猫ロックシリーズをまだ見ていない人は是非野良猫ロックシリーズも見てみてください。この時代のエネルギー溢れるこの感じ好きやな~
破滅的なんやけど、『気狂いピエロ』とか『勝手にしやがれ』にも通ずる刹那を生きる人物が生き生きと、しかし、生き辛く描かれているところが好きです。

ほな

Popular Posts