The Newest Post

妖魔伝


靈幻童子
Kung-Fu Wonder Child
監督:李作楠 1986年 台湾

少し前に見ることができてすごい嬉しかった作品。
桃太郎」や「幽幻道士4」のテンテンよりも少し前の林小樓を見ることができる。

※ネタバレしていますので、結末を知りたくない方はご注意ください。








-------------------------------------

ストーリーは妖術使いの南派と北派で争いがあり、滅ぼされてしまった南派の生き残りの2人が龍世家(小君の祖父)と林小樓(小君)であった。2人は北派の妖術学校の調理役として身を潜めていた。
小君と幼なじみの友達(土豆と迷糊)がその学校におり、3人はよく行動を共にし、トラブルに巻き込まれる。
3人は町の中で父と妹を探してやってきた大島由加利と出会う。大島由加利に話を聞き、父と妹を探す手伝いをする。

学校の生徒たちの教官役が楊雄さんだった。最近見る好きな映画に大概楊雄さんが面白い敵役で出てくれているので、見つけると嬉しい。
今回は服着てるので胸筋見れへんやんと思っていたら、風呂でのヌードシーンあったから笑った。

途中、大島由加利さんのお色気シーンが少し入る。
しかし、本作は下ネタのほうが多い。


パートナーがチラッとだけ見て気づいてくれたんやけど、緑の髪の毛の河童の妖怪みたいな鬼王という敵がいるんやけど、鬼王の頭が割れていて女性器のような形をしている。(上記画像参照)
wikiによれば“中国では幽魂・幽霊・亡魂・亡霊などが人間の形で現れたものを鬼といい、多くは若い娘の亡霊で、この世の人間を恋い慕って情交を求めてくる。”とあり、それを読んで、土豆(閻璋)の以下のシーンに納得。日本語字幕では鬼王が土豆のvirginityを求めている表記がなくぼやかされている。
鬼王の頭までちゃんと見てなかったので教えてもらって、ほんまや!となった。分け目にしては割れすぎやし深すぎやし...パートナーの観察力に感服した。


最終的に、北派の一番偉い老師が悪の親玉だったというオチ。小君、大島由加利、小君のおじいちゃん、土豆、迷糊で戦うことになる。
途中で悪者の老師がアニメーションのドラゴンになって大島由加利を殺したときは、度肝抜かれた。
アニメドラゴンには誰も歯が立たなかったが、小君のネックレスでドラゴンを封じ、何とか元の姿に戻す。しかし、その後、鬼王と合体した老師はさらにパワーを増してしまう。最後は土豆と迷糊が体にダイナマイトを巻いて悪者老師と共に自爆〜劇終。

初めて見たときはショック受けた。
ただ、この後の『ゴーストパワーをもつ少女(女學生與流氓鬼)』も自爆エンドだったので、李作楠が絡む作品は最後自爆させるのが好きなんかな〜と今は思う。

ラストはとんでもない展開やが、すごく好きな作品です。最初に全くストーリーに関係ない喋るキョンシー 親子とかも出てきたり、意味わからない場面もある。カットされたところも多いんかもしれへん。

本作の林小樓は桃太郎のときの見た目に似ている。
本作を英語字幕で見た限りは男性役と思ってたんやけど、日本語字幕で見たら、小君が女性口調になっていて違和感があった。
少女戦士’88(勇闖小英雄)』の記事にも少し書いたが、日本で林小樓を売り出すときに、桃太郎はもともと男性キャラやから男性役としても仕方ないと置いといて、それ以外のキャラクターは日本では女性役として売り出したほうが売れると考えられたから、劇中の性別が変えられたんじゃないやろうか。
小君(妖魔伝)も小龍(少女戦士’88)もボーイッシュでかっこいいし、かわいい感じなのでどちらの性別でもいけるっちゃいけると思うけど、英語字幕や中国語字幕を見る限り、“女性役”ではないと思うねんな。
男性役もしくは中性的な役がしっくりくる。
台湾や他の国では男性役としてすんなり受け入れられているのに、それが日本版になると途端に、女性役になるところに違和感。日本では「(男性に消費される対象の)女性役のほうが売れる」という構図があるからやと思うけど、すごく嫌や。
そもそも日本では女性が何の説明もなく男性役を演じている作品というのがあまりない気がする。

自分は性別に違和感があるから、こういうところにいつも引っかかってしまう。
林小樓の性別が女性やからって、すべての役が女性じゃなくてもええやん。どう転んでもアクションがすごいことには変わりないんやし。
実際自分は英語字幕で見て、小君や小龍が日本以外では男性役と知って嬉しかった。でも、なんで嬉しいのかわからへん。かっこいい男性役をする女性の林小樓が好きなんやと思う。(林小樓が実際に男性やったらここまで好きになってへんと思う。)複雑や。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

新桃太郎2