The Newest Post

続・空とぶギロチン 〜戦慄のダブルギロチン〜


清宮大刺殺 Flying Guillotine, Part II
監督:程剛(チェン・カン)、華山(ワー・サン)
1978年 香港

これ書いてて初めて知ったけど、『空とぶギロチン』と違う監督やったんか!調べてみると、『空とぶギロチン』がヒットし、ギロチン関係の亜流作品が生まれた。人気シリーズなので、本家ショウブラが続編的作品として撮った。主役がチェン・カンタイからティ・ロンに変わっている。

これも、『空とぶギロチン』が面白かったんと、「戦慄のダブルギロチン」ていう名前がおもろすぎて、見るしかない、となり見た。

内容は前作より逃走中のマー(ティ・ロン)は身を隠しながら生活をしているところから始まる。皇帝は前回のギロチン開発者の谷峰が演じている。
今回も皇帝は極悪非道で、直属の部下の二人もかなりいけず。(韋弘&羅烈)

皇帝に反対する組織が、皇帝暗殺を計画する。
その皇帝暗殺計画の一環として、皇帝のスパイに潜入する女性暗殺部隊が活躍する。
皇帝は前回、マーによってギロチンが攻略されているので、ギロチンを新たに改良すべく、チベット僧に依頼。ダブルギロチンが開発される。

【印象に残った点】
・前作よりパワーアップしたギロチンは、空中で静止できるようになっており、度肝抜かれた
・その方向にダブルなんや!
・みんなのジャンプ力の高さ
・アクションはキレキレ
・皇帝むっちゃ強い
・ラストのゴリ押し感すごい
・でも、そこが手に汗握るすごいアクション
・ギロチン使えてよかったな

迫力満点のトレーラーがすごくかっこいいので貼っておきます。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

ザ・セル