The Newest Post

少林拳対五遁忍術


五遁忍術 監督:張徹 1982年 香港

『五毒拳』が大変面白かったので、その他の張徹作品、ショウ・ブラザーズ作品が見たくなって、次に見た本作。
忍者が出てくると一気にB級っぽくなる印象を持っているのでどんな感じかなと思って見始めたら、冒頭から忍具の説明むちゃくちゃ真面目に書物から紐解いてて、面白そう!と興味持った。

ストーリーは、ある武術の二派があり、一方が負けたので、日本から忍者を呼び寄せ、忍者対中国武術の対決が始まる。
主人公側(良い者側)が中国武術側で全員白い綺麗な衣装が特徴的。
忍者側は金遁、木遁、水遁、火遁、土遁と5つの属性に即した様々な忍具や地形を利用して攻撃してくる。

最初、この忍者の戦いの特性を知らず、中国武術側はまんまと全滅させられてしまい、どうなんの?と思ってたら、忍術の特長をマスターしている老師と出会い、対忍者用の訓練を重ね、もう一度忍者への戦いを挑む話。

【印象的だったこと】
水遁忍者との戦闘シーン
・上の絵に描いたシーン
・上の絵の1カット前のシーンが足のアップで水の上を滑るように移動してて、そこに、目が釘付けになった
・上の絵のシーン、服として着用してた網で水の中にいる忍者を捕らえるんやけど、捕まえるまでの一連の流れイリュージョン過ぎて何回も再生しまくった。
・が、どうなってんのかよくわからんかった
・今まで見た映画の中で一番、「何やこれ!」となったシーン
・この新しい網の服ここで使うんや!とめっちゃ納得

衣装
・最初の方にも書いたが、とにかく衣装かわいい。
・もちろん、血の色が映える白!
・主人公側の白い衣装が着ている人それぞれ少しずつ違ってすごく良い。(胸筋を強調+乳首見えるように?設計)
・張徹作品は他作品も衣装かわいいので、いつも注目している
・忍者の大将、剣淵夢道のラストバトルの袴のような衣装かわいい

その他
・純子がうざい
・ロー・マンが超紳士なのに、純子うざい
・ロー・マンの死に方可哀想
・程天賜の前髪
・程天賜の緊縛
・まさかの縄抜けの術
・張徹監督、緊縛好きやんな(cf.他作品の江生の衣装の縄)
・戦い方全てがぶっ飛んでる
・金遁との戦いの時のフォーメーションプレー良い
・自分の露出した腸を踏んでしまう(死因)
・四肢引きちぎりの刑
・下半身分断
・土遁モニュメント破壊〜劇終

内容が盛りだくさん過ぎて、文章に書ききれへん。
とにかく、面白い。
今まで見たことない体験ができる映画です。
おすすめです。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

新・桃太郎

ザ・セル