孤独な天使たち



孤独な天使たち(IO E TE)
監督:ベルナルド・ベルトルッチ  2012年  イタリア

14歳の少年ロレンツォは過保護気味の母親にうんざりしつつ、学校のスキーウィークに行くのも嫌で、一週間分の食料を買い込み、地下室に籠る。埃まみれの地下室だが、冷蔵庫やトイレやベッドなど生活に必要なものは一通りあり、アリの巣をペットショップで買い、アリを眺めつつ、読書したりパソコンしたり、悠々自適の生活を満喫していた。
そんな生活の二日目に、異母姉のオリヴィア(ジャンキー)が突然やってきて、振り回されつつ、共同生活が始まる。

オリヴィアの登場シーンが結構好きです。最初誰やねん、と思ってたんですが、黒いニット帽を外すと金髪の長髪がふわっと溢れ出る感じに息を飲んだ。あと、食べ物を二人で自宅に忍び込んで調達しにいくところなど、ドキドキするんやけど、冒険してるみたいなワクワク感があって、楽しそうやなと思いました。

一番よかったシーンは“Space Oddity”の曲に合わせて二人がダンスするシーンでした。字幕で出ていた歌詞は、もともとの歌詞と違って、この二人を表している歌詞でそれもよかった。二人がお互いに約束を交わし、そして朝を迎えるところがすごくよかったです。それぞれに孤独を抱えたもの同士、そして、姉弟という絆もあって打ち解けた二人はまた現実に目を向け、また外の世界へ歩んで行こうという気持ちになる。その気持ちが見ている私にも伝わってきて、自分も頑張らななあという気持ちになった。生きてたらいろんなことがあるけど、隠れないで自分は自分を貫いて行こうと思いました。


ほなね

Popular Posts