羊たちの沈黙



羊たちの沈黙(The Silence of the Lambs)
監督:ジョナサン・デミ  1990年  アメリカ
原作:トマス・ハリス

名作。また見返したい1本。
ハンニバル・レクター博士の物語はここから始まった。
時系列的には『ハンニバル・ライジング』、『レッド・ドラゴン』、『羊たちの沈黙』、『ハンニバル』の順番です。

連続殺人犯の精神科医のハンニバル・レクターは刑務所に収監されている。FBI訓練生のクラリスはレクター博士と話すことで、今現在追っている連続殺人事件の解決の手がかりを得ようとする。レクター博士はクラリスにクラリス自身の話をすることを条件に、助言をする。事件は解決できるのか。レクター博士とはどんな人物なのか。二人の対話の静謐さと事件の残虐さなど、静と動と狂気の入り混じった作品です。レクター博士とクラリスの対話の間に広がる緊張感、狂気にゾクゾクします。

レクター博士の狂気っぷりというか変態っぷりというか、狂ってるのに、なんかかっこいいな、と思ってしまうあれなんなんでしょう?歴史に残る映画の悪役だと思います。アンソニー・ホプキンスのレクター博士の怪演は見るものを惹きつけます。
あと、それと本作ではクラリスのジョディー・フォスターも素晴らしいです。二人の間に流れる空気がなんとも言えない独特な感じで、ハンニバルといえば、これよなあという空気を私は感じます。

ハンニバルシリーズのジャケットでは、この『羊たちの沈黙』のジャケットが一番好きです。なんかミステリアスでそそられる。

あと、一つ思ったのは、レクター博士といえば、カニバリズムやん?で、カニバリズムって、あんな感じに襲いかかってガブガブっみたいなあんな勢いあるもんなん?と驚いた記憶があります。
なんか、もっとこう、殺してからゆっくりと、という勝手なイメージがあったもんで、襲うついでに齧る、あわよくば食べる、みたいな展開に、激しいな~と思った。
(※『ハンニバル』ではじっくり調理しておられました。)

レクター博士とクラリスの鬼気迫る心理戦の描かれ方が見事です。

ほな

Popular Posts