ブラック・スネーク・モーン



ブラック・スネーク・モーン(BLACK SNAKE MOAN)
監督:クレイグ・ブリュワー  2006年  アメリカ

サミュエル・L・ジャクソンが道端で失神していたニンフォマニアのクリスティーナ・リッチを拾って連れて帰り、鎖に繋いで荒療治をする話。

ジャケットからSM監禁物かなと思ったんですが、最終的に感動のヒューマンドラマでした。レイ(クリスティーナ・リッチ)は幼少期のトラウマからニンフォマニアになってしまい、セックスがしたくてたまらなくて、色んな男とセックスしまくっているんですが、ラザラス(サミュエル・L・ジャクソン)がそんなレイのことを不憫に思い、少々手荒だが治してやろうと奮闘します。ラザラスはブルースの歌手で、ブルースによってクリスティーナの心も癒えていきます。一番盛り上がるライブのシーンでのマザフアッカはやはりよかったです。

タイトルの“ブラック・スネーク・モーン”とは、“黒い蛇のうめき”のこと。ラザラスの心の中にあるどうしようもない叫びをそう表現したみたいです。歌の歌詞として登場します。

レイには恋人のロニー(ジャスティン・ティンバーレイク)がいるんですが、このロニーも問題を抱えていて、軍隊に入ったはいいが、拳銃が撃てなくて早々に除隊されて帰って来ます。そんなロニーのことを助けてあげられるのは、レイだけで、二人はお互いに弱い部分がありつつも一緒に生きていこうとします。
それをラザラスは応援しつつ、見守ります。ラザラス自身、妻を弟に寝取られ、一人身になり孤独な暮らしをしていました。だから、レイと関わることで、ラザラス自身、自分が妻にできなかったことや、寂しさを埋めているのかもしれないと思いました。レイとラザラスの交流はお互いにとってよい方向へ進んだのは、レイとラザラス双方の努力の結果だと思います。

レイがこれからの人生をロニーと二人でうまくやっていけるかはわからないけれど、ラザラスと鎖で繋がれた家での生活を思い出せば、困難は乗り越えられると思う。

そんなにエロくないけど、クリスティーナ・リッチのおっぱいは見れるので得した気分になります。
あと、サミュエルのマザフアッカは最高です。レイとラザラスが心を通わせていくシーンが大変よかったです。


ほな

Popular Posts