スクール・オブ・ロック




スクール・オブ・ロック(THE SCHOOL OF ROCK)
監督:リチャード・リンクレイター  2003年  アメリカ

ジャック・ブラック演じるデューイが友人になりすまして私立の学校の代用教員として潜り込み、子供たちにロックを教え、バンド・バトルに出場するまでの話。

ロックが大好きなデューイだが、友人の家に居候しており、家賃を滞納しすぎて追い出されそうになる。金を工面するためにバンド・バトルで賞金を稼ごうと思いついたが、デューイの態度が原因でバンドをクビになってしまう。そんなデューイが目をつけたのが友人への依頼できた名門学校の代用教員の仕事だった。

また見返したい1本。
ジャック・ブラックがいいと聞いていたので、軽い気持ちで見てみたらむちゃくちゃ面白かった作品です。とにかく、ジャック・ブラックがおもろい!に尽きます。こんなこと許されるんかよ、っていうことも多々ありますが、子供たちがデューイと関わることで、自分の個性や好きなこと得意なことを見つけていき、まとまっていく感じがすごく気持ちいいです。最後のバンド・バトルはすごく感動しました。終始ドタバタコメディという感じなのですが、ここまでおもろかった~となる映画は私の中であまりないのですごく印象に残っています。また見たい作品です。


ほな

Popular Posts