アポカリプト



アポカリプト(APOCALYPTO)
監督:メル・ギブソン  2006年  アメリカ

前回レビューしました『裸のジャングル』と話の内容はよく似ています。
今回はマヤ文明時代。ジャングルの奥地に暮らす部族の一人、ジャガー・パウが主人公です。ジャガー・パウは仲間や妻(第二子を妊娠中)と子供と何不自由なく楽しく毎日を過ごしていた。
ある日マヤ帝国のからの襲撃を受け、マヤ帝国まで仲間たちとともに無理やり連れて行かれる。巨大なマヤ帝国の街におどろくジャガー・パウ。中央の巨大なピラミッドの上では干ばつを鎮めるための儀式のための生贄が捧げられていた。一人ずつ生贄として殺されていく仲間たち…。ジャガー・パウも殺されかけるがぎりぎりのところで脱出。しかし、次は人間狩りの標的となってしまう。襲撃された際に、村のはずれの地下の穴に妻と子は隠してきた。妻と子を救うために、ジャガー・パウは必死に、村へと逃走するのであった。果たして、逃げ切って、妻と子を助けることができるのか…!という話。

未開の地の部族(ジャガー・パウ一族)が、文明を持った部族(マヤ帝国の人々)から襲われるという植民地時代を彷彿とさせる話なのだが、全編にわたってスピード感あふれる演出には目を離す暇がないです。ジャガー・パウが父から受け継いだ狩りの方法や、ジャングルの地で生きてきた人間ならではの知恵を生かしてマヤ人に応戦しながら、走ります。この映像の美しさと疾走感が素晴らしいです。ジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)の演技もかっこよく、この俳優さんの身体能力の高さをすごく感じました。

逃げるだけでなく、妻と子を救うという目的もあるため、より一層危機迫る感覚がこちらにも伝わってきて、見ているこちらも、「早く!」という気持ちになる。

以下ネタバレあります。
===================






ラストでスペインの船が、ジャングルに到着して、スペイン人が降りてくるところで終わるんやけど、これは結局、ジャガー・パウたちは逃げ切ってもまた別の戦う相手や、逃げないと行けない相手がいるっていう意味なんかな。
未開の地がどんどん植民地化されていくのは悲しいが、そういうことが実際に起こった事実。文明化するのはいいが、それが他の人を脅かすのはどうかと思う。これからの未来もそうだが、私たちは多様な人々と共存(人種に関わらず)していかないと戦争は終わらないと思います。


ほな

Popular Posts