The Newest Post

マジック・ブレード


天涯明月刀
The Magic Blade
監督:楚原‬ 1976年 香港

古龍原作。
狄龍がとにかくかっこいい作品。
狄龍と羅烈はお互い腕を認め合うライバル同士。そんな2人が対決をしている間に割って入る新たな刺客がいた。
その刺客を送ったのは富と権力で武術界を支配しようとする公子羽。公子羽は2人を殺し、最強の武器である「孔雀の投げ矢」を狙っているという。狄龍と羅烈は協力し、孔雀の投げ矢を先に手に入れるべく、孔雀山荘へ向かう。

途中、公子羽の部下の「琴、棋、詩、画、剣」が命を狙ってくる。+鬼老婆がいる。
それぞれの名前になぞらえた攻撃をしてくる。

とにかく狄龍が刺客に命を狙われまくる。
でも、それが日常のようで平然としている。
孔雀の投げ矢と孔雀のマントが面白い。

ラストのどんでん返しを全然予想していなかったので、驚いた。

【印象に残ったところ】
・マジック・ブレードというのはくるくる回すことができる特殊な剣
・狄龍のポンチョかわいい
・顧冠忠さんが女性役
・綺麗
・羅烈さんと敵なのに協力するところがいい
・裸の女になびかない狄龍、すごい
・黄色い花
・剣の人文字
・ラスボスあっけない
・狄龍がかっこよすぎて逆にあまり惹かれないけど、やっぱりすごくかっこいい

—————————————

テンポよく話が進んでいって楽しい作品でした。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

ザ・セル