The Newest Post

邪 ゴースト・オーメン



Hex
監督:桂治洪 1980年 香港

※ストーリーの内容に触れていますので、未見の方はご注意ください。





————————————

ある屋敷に住む夫婦にまつわる話。
妻の恬妮は病を患い床に伏せっている。婿入りした夫の王戎はDV夫で召使いの女性に怒鳴り散らしたりするので、召使は辞めてしまい誰も居つかない。
ある日、昔母がこの屋敷に仕えていたと話す陳思佳が召使いとしてやってくる。陳思佳は王戎の言動に反抗したことでレイプされたり、酷い扱いを受ける。

DVに耐えかねた陳思佳は、ある雨の夜に恬妮と協力して王戎を殺してしまう。そして、家の裏の池に捨てる。やっと平穏が訪れたと思ったが、今度は王戎の幽霊が現れ、恬妮を苦しめる。幽霊に苦しめられ、病が悪化した恬妮は亡くなってしまう。

恬妮の葬式になぜか死んだはずの夫の王戎がいる。
実は王戎は死んでなかった。召使いの陳思佳と王戎は恋人同士で協力して恬妮を殺すために共謀していた。
恬妮が死んで再婚した二人は遺産を相続し、金持ちになる。ところが、ここから恬妮の幽霊の復讐が始まる。

恬妮の幽霊に襲われて、王戎は死んでしまう。
陳思佳はお祓いをするため、祈祷師を呼んで、ストリップ降霊術をしてもらう。全裸で踊り狂う女性に恬妮の霊が降りてきて、それを祈祷師のおばさんが叩いたり、口に含んだ犬の血をぶっかけたりというプレイスタイル。
その後、陳思佳も頭を丸め、全裸で身体に経文を書いて待機する。恬妮の幽霊が来たら、お経を唱えるように言われる。
恬妮の霊が現れる。必死にお経を唱える陳思佳だが、両耳を引きちぎられて、耳なし芳一状態に。
恬妮の霊は去っていったが、陳思佳は狂人になってしまう。

事件の真相としては、恬妮の霊は実際は、恬妮の双子の妹がやっていたことだった。恬妮の妹は恬妮から手紙を受け取り、惨状を知り、屋敷に忍び込んだ際に、王戎と陳思佳が共謀して姉を殺そうとしていることを悟る。姉は死んでしまったが、妹は復讐のため、姉の幽霊の振りをしていた。

【印象に残ったところ】
・冒頭30分ずっと夫の王戎のDV映像が続くのでしんどい
・幽霊を使ったどんでん返しすごい
・物売りの韓國材が罪ないのに殺されてかわいそう
・ただ、メインは確実に全裸狂い踊りシーン
・ここ最高に良かった
・これを待ってた
・ステンドグラスに光が差し込んで、その下で踊ってて綺麗やった
・イラストのシーンのおっぱいは陳思佳ではない可能性が高い
・顔と一緒に映ってなかった
・おっぱい綺麗
・グロは少なめだが、楽しめた

————————————

全裸踊りシーンを見て、ストリップを思い出し、見に行きたくなった。

Comments

Popular posts from this blog

幽幻道士4

幽幻道士3

ザ・セル