胸騒ぎの恋人



胸騒ぎの恋人 (LES AMOURS IMAGINARES)
監督・主演:グザヴィエ・ドラン 2010年 カナダ


あらすじ
フランシス(グザヴィエ・ドラン)とマリー(モニア・ショクリ)は昔から仲が良い親友。二人はある日友人のパーティーでニコラ(ニールス・シュナイダー)という金髪くるくるカーリーヘアのかわいくて、イノセントでみんなから好かれる美青年に出会う。そこで二人が共にニコラに一目惚れしてしまい、三人で友達として付き合うようになるが、お互いもどかしい気持ちのまま時は流れていく……。



 一番好きなシーンは、二人ともニコラに振られた後に、また再会したパーティーで、ニコラが「会えて嬉しいよ」って言うんやけど、その時のフランシスとマリーの反応。フランシスはカーーーギエーー!!!!みたいな(ちょっと擬音で表現できない声)を出して拒絶。マリーは、何アンタ、みたいな表情。この時二人が同じ赤い色の服を着て、息もばっちり合ってて、お前らwwってなった。
 フランシスはゲイなので、ストレートの人に告白して振られることも多いことはかわいそうだなとも思うが、それにも懲りずにまた新たな一目惚れをして次の恋に進んでいくところにフランシスの強さを感じたし、フランシス、マリー共にベッドの相手はいるようで、それはそれで二人は楽しんでいる様子だし、ニコルに振られたからといって悲壮感はあまり感じられなかった。フランシスとマリーのコンビが最強という感じで、二人はこれからもこんな感じで関係を続けていくのだなと思った。
 色が場面場面で、赤、青、黄、緑と多様に変化し、服の色も赤、青、オレンジなどはっきりした色が多く印象的だった。スローモーションがたくさん取り入れられたり、マショマロが降ってきたり、グザヴィエ節だった。
 それにしても、イノセントって罪だなと思ったし、むしろ、ああいうみんなにちやほやされる男よりも、ちゃんと相手に向き合い、支え合っていけるような相手のほうがいいよ、と思った。男でも女でもゲイでも。

印象的なバンバンの曲 https://www.youtube.com/watch?v=ebn1n5NFEJ0


Popular Posts