WordPressをローカルに導入覚え書き

WordPressを入れる前に、MAMPの設定をする。

MAMPを起動する。

http://localhost/phpmyadmin/にアクセスして、データベースを作成する。

1.phpMyAdminの『ユーザ』をクリックする。

データベースの作成をするときは、いつもここからやる。

2.タブの「ユーザ」をクリックする。

New ユーザを追加する を押してユーザを追加。

User name: db_pq08
Host: ローカル▼ localhost
パスワード: 任意のパスワード
Re-type: もう一度パスワードを入力
パスワードを生成するは無視してOK

情報を書き込んだら、
『ユーザー専用データベース』の
「同名のデータベースを作成してすべての特権を与える」
にチェックを入れて、「実行」をクリックする。 

これでデータベースの作成は完了。

WordPressのインストール

WordPress日本語公式からWordPressのデータをダウンロードしてくる。

1. WordPressデータの格納

解凍したらwordpressという名前のフォルダをそのままpq01などのMAMPのフォルダに入れ込みます。
フォルダの名前はwordpressのままでも良いが、「wp」とかにリネームok。

2. WordPlessのインストール

そのまえに、wp-config.phpファイルの作成

(wada01/wp/をブラウザでみると、『wp-config.php』がみつかりませんという表示がでます。
「設定ファイルを作成する」をクリックして、WordPressの指示に従いましょう。
wp-config.php作成後、「WordPressをインストール」をクリック後、「インストール完了しました!」と文字が出ればインストールまで完了。)

"pq01/wp/をブラウザでみると、『wp-config.php』がみつかりませんという表示がでます。"
が出なくて、そのままwordpressの作成画面に行くこともある。
(2回やって2回と見つかりませんは出なかった。)

WordPressへようこそ。作業を始める前にデータベースに関するいくつかの情報が必要となります。以下の項目を準備してください。 
1. データベース名
2. データベースのユーザ名
3. データベースのパスワード
4. データベースのホスト
5. データベースの接頭辞(1つのデータベースに複数のWordPessを作動させる場合)
もし何かが原因で…(中略)…保存してもかまいません。
おそらく…(中略)…すべての準備が整っているなら…

さあ、始めましょう!
↑ この画面が出たら、もうwp-config.phpは作らなくても、すでに作成されているそう。

『さあ、始めましょう!』をクリック

続いて以下のダイアログ

以下にデータベース接続のための詳細を入力してください。… 
データベース名  db_pq08
ユーザ名     db_pq08
パスワード    データベースの設定のときに入れたパスワード
データベースのホスト localhost
テーブル接頭辞  wp_
 
次のダイアログ
この部分のインストールは無事完了しました。WordPressは現在データベースと通信できる状態にあります。準備ができているなら… 
インストール実行
『インストール実行』をクリック
ようこそ 
中略 
必要情報
次の情報を入力してください。ご心配なく、この情報は後からいつでも変更できます。
 
サイトのタイトル Mais ou Menos
ユーザー名 pq
パスワード 任意のパスワード
メールアドレス サイトの管理に関するメッセージを受け取るメールアドレスを入力する。
 次のダイアログ
成功しました! 
WordPressがインストールされました。もっと何か作業をしたかったですか?がっかりさせてゴメンナサイ。これだけです! 
ユーザー名 pq
パスワード 選択したパスワード。
 
ログイン
『ログイン』をクリック

WordPressのログイン画面が出る。

ユーザー名
パスワード

を記入してログイン

3.サイトアドレスの変更

設定完了まであと一息。

このままだと、まだ pq01/wp/でしかWordPressで生成したサイトのページが見れない。これをpq01/で見れるように「サイトアドレス」を変更する。
WordPressの管理画面から「設定」→「一般」に飛ぶと、
「WordPressアドレス」「サイトアドレス」という表示が出てきます。

※このとき、WordPressアドレスを変更しないように(WordPressの設定が死んで、サイトが見れなくなります。)

サイトアドレスを pq01/に変更できたら、
/index.phpファイル内のコードを書き換える。

/wp/index.phpをコピーして、複製したものをルート直下(/)にペーストする。
中身を下記のように書き換える。 

index.php(書き換え前)
require( dirname( __FILE__ ) . '/wp-blog-header.php' );

index.php(書き換え後)
require( dirname( __FILE__ ) . '/wp/wp-blog-header.php' );

ここで安心してはいけない。

4.パーマリンク設定から変更をwordpressに浸透させる


3までの作業をやってページをみてもおそらくページが404または真っ白で何も見れないはず。
「設定」→「パーマリンク設定」から「変更を保存」をクリックします。
これをすることで.htaccessファイルが作成されるはずです。
(※ Macの場合.htaccessファイルは隠しファイルのため表示されない。
表示させたい場合はターミナルへ行って表示させるコードを入力して表示させる。)
作成されない場合は自分で作る必要がありますが、対処法についてはその時々でグーグルで調べる。

ここまで終わるとやっと初期設定の完了。 

Popular Posts