2016.03.31


蝉丸の好きな歌です。


これが都(京都)から東へ下っていく人も、都へ帰ってくる人も、顔見知りの人もそうでない人も逢っては別れ、別れては逢うというこの名の通りの逢坂の関なのだなあ。
This place is rightfully called “the meeting place.” People traveling from Kyoto to the east, people coming home to Kyoto, people who know each others’ faces, and people who don’t?they all meet and say goodbye, and say goodbye and meet again.
("https://www.shigureden.or.jp/about/database_03.html?id=10"より)


---------------------

逢坂の関が実家の近所ということもあって、勝手に愛着も持ってる歌です。

5ヶ月にわたる訓練を経て、今まさに帰路に着こうとしているのだけれど、今回はただ帰るだけじゃなくて、帰りながら出発するということを同時にやっていて、せわしないっちゃせわしないんやけど、新しい生活が明日からまた始まる。

今年(今年度)は本当にいろいろなことがあった。始まりは最悪だった。うまく利用されるところから、命からがら逃げ出して、なんとか生きて行く道をみつけなればと思いながらも、新しい道を切り開きたくて、一歩踏み出した年だった。

デヴィッド・ボウイが亡くなったなあと思い返しながら、Modern Loveを聞きながらこれ書いてる。やっぱりこの歌好きや。この疾走感がいい。

5年(4年?)の時を経て東京に戻るのも、楽しみだし、たぶん、仕事はいろいろしんどいやろうけど、なんとかやってくしかないし、それよりも、親父のタバコといろいろ混ざった臭いの部屋から脱出できるというそんな単純なことだけでも嬉しい。

この4年間の間に、考え方や価値観も随分変わった。なんせ物を持ちたくなくなった。あんだけコレクターだった自分が。びっくりである。物がないのが楽で、気持ちが落ち着くということを体感して、もう物がたくさんある生活には戻れないなと思った。それくらい、物が無いっていい。確かに、どうしても手放せ無い物はあるんやけど(ファミコンとか)それ以外はいらんかなと思った。特に、ここ5ヶ月でスーツケース1個分の荷物で生活してたら、意外に快適で、物なんか持たなくても生活できるやんと実感した。(ただ、服はもうちょっとだけバリエーションしたい)
だから、これからも物を持ちたく無いし、もっと減らしたい。

話が、あっちゃこっちゃ飛びますが、ここ5ヶ月の生活は質素だった。そして、初めてちゃんと(?)一人暮らしをした。自分のためや、人のためにご飯を作った。知らない土地で何とか周りの人々にたくさん助けてもらいながら生きた。生活した。いろいろな人と関わった。ダンスした。山登った。秘境みたいな寺へ行った。薪ストーブに火をつけた。コードを書いた。音楽を聴いた。映画を見た。ネズミに怯えながら寝た。崖の山道を通勤した。空き家に住んだ。知らない人と合宿した。知らない人とルームシェアした。川魚のお刺身を食べた。ミカン狩りをした。ご飯をご馳走になった。まちゃんが遊びに来た。人生で初めて、風呂に入って後悔した。冬に水のシャワーを浴びた。洗濯物が全然乾かなかった。二畳の部屋で生活してた。快適だった。冬なのにゴキブリをたくさん駆除した。地下で卓球大会をした。コンビニ行くだけで、すごい幸せな気分になった。酒をほとんど飲まなかった。ゴミ捨てるのが細かすぎてつらかった。ウグイスがすごいうるさかった。タヌキが家の前で死んでた。桜が綺麗だった。

本当にいろいろあったけど、そのお陰で、前よりたくましくなったと思う。いろんな人と出会い、今日別れてきたわけですが、不思議とさびしいという気持ちはなく、また(すぐではないにしても)会える気がして、しんみりしてない。たくさんの人にお世話になって、助けてもらって、遊んでもらって、すごく幸せだった。

今は早く東京行ってただただゆっくりしたい。まだ、あと数日は落ち着かないと思うけど、ぼちぼちやっていきたい。あと、これは本当に楽しみにしていることだけど、映画見に行きたい。昔から思って思って思い続けているので、実行する。

あと、東京では、いろいろな人に会いたい。
近所を散策したい。

はよ、バスの時間になれ。

ほなほなほなー

Popular Posts