本音で生きる



『本音で生きる』(堀江貴文著 SB新書 2015年)

印象に残ったことメモ
・「やり方」なんかそもそもない
・すべてが「トライアンドエラー」なのだと思っている
・30秒で終わるメールはすぐ返す。5分で終わる仕事は、片っ端から片づける。
・今済ませられることは、今済ませてしまう
・長期ビジョンなど意味がない
・時間を効率的に使うなら「今やる」ことだ。
・やりたいことは、“今”やれ!
・大事なのは、“Give,Give,Give”
・つまり、惜しみなく人に与えるということだ
・むかつく人やいらっとする人もいるけれど、それだけのこと。自分の人生にはなんの関係もない。
・だから、気にせず、自分の思うこをやればいい

堀江さんの本を読むと、自分は無駄な時間を過ごしているな、と焦ってしまうんやけど、より時間を自分のためにうまく使うにはどうすればいいか、どういう考え方で自分がいれば、自分の好きな生き方ができるかなど、堀江さん自身が実践されていることが書かれているので、読んで身が引き締まる思いになる。
自分もできることは取り入れて、実践したい。けど、読んでいて結構疲れるので、これもぼちぼちやっていきたい。すぐやれ!と怒られそうだが、自分ペースでやる。


ほなほな

Popular Posts