ガタカ



ガタカ (GATTACA)
監督:アンドリュー・ニコル 1997年 アメリカ

近未来。遺伝子を操作されて生まれてくるのが当たり前な時代。遺伝子操作で生まれた“適正者”と、自然分娩で生まれた“不適正者”が存在する社会。
主人公のヴィンセントは“不適正者”として生まれ、“適正者”として生まれた弟や家族からも差別を受けて育つ。そんなヴィンセントが昔から夢だった宇宙へ行くということを成し遂げるために「ガタカ」という名前の宇宙局で働く話。






以下ネタバレしています。
________________________

すごくいいよとお勧めしてもらったので見ました。自分はSF系や宇宙系の映画はリアリティを感じられなくてあまり好きじゃないのですが、この映画は、宇宙へ行くことを目的にはしているものの、話の内容は人間の内面の話で、そこがすごく面白かった。

ヴィンセントは“不適正者”だったからこそ、ここまで闘うことができたのではないかと思った。遺伝子で自分の可能性を決められたくない、そんな思いがひしひしと伝わってきた。生まれた時からお前は◯◯だからこれはできない、という世間の(社会の)考えを跳ねのけた、ヴィンセントの精神力はすごいと思った。遺伝子の優劣で、肉体の優劣はあれど、精神力は遺伝子の壁を越えることができた。それは、今まで差別されて“不適正者”として育ったヴィンセントだからこそ、できたのだろう。

しかし、このヴィンセントがここまで行けたのも、一人だけの力ではない。ヴィンセントに血液や遺伝情報を与えた人物、ジェロームなしでは、ヴィンセントはここまで来られなかった。ジェロームはとても優秀な遺伝子を持ちながらも、競泳で世界で2番にしかなれなかったと嘆いた挙句、自殺未遂。そして下半身不随になる。ジェロームはヴィンセントと対照的に描かれているが、この二人が協力して、ヴィンセントの夢のために共同生活しているところがいい。
ジェロームはヴィンセントと生活する中で、ヴィンセントの執念に心を動かされたんだろうなと思った。それだけに、最後のジェロームの行動はすごく悲しかった。生きていくのはやっぱりつらいやろけどさ、死なんでいいやん。“適正者”として生まれたが、1位になれず、周囲の期待に応えるために自分のやりたいこととかもわからんままに振り回されてきたんやろな、っていうのはわかるんやけど、これからやん。とっくの昔に死にたかったんやろけどさ、でも生きてほしかった。

そう思うと、“適正者”として生まれたから幸せなんじゃなくて、自分の生き方に自分が満足できるかどうかということのほうが大切な気がした。自分が自分の人生を幸せやと思ってなかったら意味ない。何もかもうまくいく人生なんかほとんどないやろう。たとえ世界で2位でもいいやん。1位になれんかっても、アンタの価値は変わらんでと言ってあげたい。それと同じように誰もがそれぞれの価値がある。私はそういうふうに言ってくれる人がいるから救われてるんやろうな。私は私の思う人生を歩んでいきたい。


ほな

追記

ユマ・サーマンめちゃくちゃかわいかった。


Popular Posts