ザ・レイド




ザ・レイド(The Raid: Redemption)
監督:ギャレス・エヴァンス 2012年 インドネシア


インドネシア発のアクション映画と聞いて、インドネシア映画なんて見たことないかも、と思って見た。

ストーリーを簡単に言うと、警察VS麻薬組織を牛耳るボス。

麻薬組織のボスがいるのは、古めの高層マンションの最上階。マンションには住むボスの手下がわんさか住んでいる。ボスの館内放送ですぐに動くことができる。そんな敵の悪の巣に警察のSWAT部隊は勝つことができるのか?!

かなり熱かった。アクションがめちゃくちゃ熱い。もう見終わって満腹になった。ここ数年で1番かもしれないくらいすごかった。

アクション映画はジャッキー・チェン系の映画が好きなんですが、このザ・レイドもジャッキー映画好きの人ならかなり楽しめると思います!

マッドドッグと呼ばれる人物が相当強くて、相当かっこいいです。
ピストルよりも拳で純粋に闘おうぜ、という心意気を感じるかっこいい人物。
このマッドドッグと主人公の闘いは見もの。

「シラット」という名前のインドネシアの武術がこの映画には使われていて、カンフーとも空手ともまた違う、独特のアクションが見応えあります。
様々な武器もたくさん使って闘うので、ズバズバ斬れて、見ていてかなり痛かったです。こんなに痛そうと思う格闘アクションは初めて見ました。

格闘アクションが見たいと思ったら、本作を見れば、すごく満足感を得られると思います。でも続編もあるようなので1を見たら、続編も見たくなり、また続編ではさらにどんなアクションが待っているのか期待してしまいます。

とにかく、純粋にアクションが常にクライマックス。かっこいいです。

ほなほな



Popular Posts