親切なクムジャさん


親切なクムジャさん (친절한 금자씨/SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE)
監督:パク・チャヌク 2005 韓国

お嬢さん』でパク・チャヌク監督作品に惹かれたので、偶然同時期に教えてもらっていた今作を鑑賞。
後で知ったが、今作はパク・チャヌク監督の復讐三部作の最終作らしい。
(1.『復讐者に憐れみを』2. 『オールド・ボーイ』3. 『親切なクムジャさん』)

その名の通り復讐の物語なのだが、私の印象としてはクムジャさんの復讐に対する思いの重さはそれほど感じられなかった。
復讐映画は結構好きでいろいろ見たが、今回は復讐がテーマとはいえ、カメラワークや撮り方や色使いにインパクトがあって、そっちに目を取られた。
結局、復讐っていいことなのか悪いことなのか、やり終えてみた気持ちは、本人にしかわからないのだろうけど、きっと虚しいんやろうな〜と思った。

クムジャさんの赤いアイラインが綺麗だった。
笑かせるような要素もたくさん入っていて、(ここは『お嬢さん』も共通だったので、この監督の味なのかな)面白いんやけど、自分の中では今ひとつぱっとしなかった。
一番印象に残るのは復讐を遂げるシーンで、あそこが肝なんやろうけど、あんまり響かなかった。

印象に残った色は、赤と白。

Popular Posts