グッドナイト・マミー

Ich seh, Ich seh
監督:セヴェリン・フィアラ オーストリア 2014



※ちょっとネタバレ気味かもしれません............


ブログ書かなさすぎて体裁忘れた...(定期)

書きたいブログ溜まりまくってるんやけど、とりあえず、今書きたいものから順番に書いていこうと思う。

今日は前から見たかった、『グッドナイト・マミー』見ました。
何となく、雰囲気が好きで、興味があった。

で、実際見た感想は、『悪を呼ぶ少年』とほぼ同じやん〜!

でした。いや、悪を呼ぶ少年のほうが、からくりがあって好きやった。監督が影響を受けたんかなと思ったが、まんますぎて、悪を呼ぶ少年見たことある人はすぐにわかったんちゃうかなあ思った。自分はすぐわかった。
わかったなりに、どんな展開になるんやろうと、最後にいろいろもっと明らかになるんかと最後まで見たが、謎な部分も多く、風景と双子の美しさでもっていく系の雰囲気系B級だなと思った(褒めています)

内容はそんなに好きというわけではなかったが、最後までどうなるんやろうと、見せ続ける(引っ張り続ける)のはすごいと思ったし、肩透かし的な部分もあったが楽しんだ。

ホラーやサイコサスペンスにしては薄いし、内容も薄いけど、少しゾクッとしたいぐらいの人にはいいかもしれない。
自分は『フェノミナ』レベルくらいやってくれるほうが好き(蛆虫(本物)プールなど)なので全然物足りなかったけど、これはこれでライトでいいと思います。

Popular Posts